2017年8月22日火曜日

まさか!?害虫がわいた??(注意)その1

信州北部には、
基本的にあの嫌われNo.1の「昆虫*」は生息していないので、
以下のお話は千葉県内でのことです。

*(注)茶色で動きが敏捷でGの頭文字の昆虫が登場します。
 苦手な方、お食事中の方は読むのをお避け下さい。

社員宅のゼロボックスで起きた事件のお話。

ある夜、いつものように生ごみを投入しようとして、
フタを開けると、中で何かが動いた気配。
暗いので気にせず生ごみを入れて、フタを閉めました。

やはり、翌朝気になったので、開けて覗くと・・・・
「ひえーっ(-_-;)!!!!!!」
何と、あの虫が・・・1匹、慌てふためき、
中で走り回っている!
こちらも慌ててフタを閉める。

深呼吸してから、よーく考える。
入る隙間もないので、
中に入ることは絶対にあり得ない、ではなぜ?
まして、中で湧くこともない。

ただ、
フタを数分間開け放していたことはある、
隣家での解体作業が始まって、たぶんそこからやって来た、
西瓜の皮を多めに入れて、ヤツにとっては蠱惑的な臭いを放っていた、
バイオ材が多めだったので、撹拌に巻き込まれることなく生存した、
などなど。

さて、どうするか。

結論、1週間兵糧攻め。
フタを開けず、ごみも入れず、
36時間たつと留守番モードになるので、コンセント抜き差し。

さて、恐る恐る開けると・・・
めでたく、分解消滅しておりました。

やれやれ、おしまい。





2017年8月7日月曜日

マナー悪いね

東京 日暮里の事務所での話です。

隣のビルと近いのでほとんど開けない窓があります。
偶然開けてみたところ、外側にタバコの吸い殻が・・・。
社員は喫煙所があるので、わざわざそこでは喫いません。
ということは、
隣のビルの非常階段から、投げられたとしか思えません。

非常階段が喫煙所になるのはよくあることなので
構いませんが、
ちゃんと吸い殻は片付けましょう!

窓の外側に