2015年8月10日月曜日

めんどくさいね「ズクなし」

今回は「めんどくさい」お話です。

生ごみ処理機がライフスタイルに
合う方と、合わない方がいらっしゃいますね。

まずは、勘違いがあるのかもしれません。
「ゴミだしが楽に」ということで、
省力家電と思ったらちょっと間違えてるかも。

まず、
キッチンで「燃やすごみ」と「生ごみ」の分別を
やらないといけないのです。

また、生ごみでも生ごみ処理機に入れられないもの、
「貝殻、大きな骨、大きな種」を分けないといけない。

トウモロコシの皮、多量の栗皮・枝豆の皮などの
「硬く乾いた皮」もたくさんはいれないほうがいいので、
分ける。

この辺りで、どうにもこうにもいかない方は、
いらっしゃるようです。

慣れるとなんでもないことなんですが・・・。
十人十色なんですね。

*「ズクなし」は信州弁で、マメじゃない、根気がない、
めんどくさがり、怠けちゃうといった意味で、
普通に使う言葉です。
逆の意味は「ズク出す」です。
(例文)「あいつはズクねぇーから、だめださぁ~」

ズク出して清掃中(^^ゞ





0 件のコメント:

コメントを投稿