2014年6月27日金曜日

また、また、臭い・・・・。

また、また匂い(臭い?)の話になります。
人間の鼻は意外と敏感にできていて、
ごく微量でもかぎ分けられてしまうそうです。

サポートの窓口にもたまに「臭い」についての質問をいただきます
そこで、また
ゼロボックスのバイオ材の臭いについて
専門家の先生と勉強会を開きました。
先生はかなりわかりやすく説明していただいています。

バイオ材にいる菌の種類別に匂いをあげるとこうなります。
かなりざっくりです(^^ゞ

・糸状菌(しじょうきん)、わかりやすく言うとカビだそうです。空気を好む好気性菌です。
匂いは当然かび臭い!古い柔道場の匂いといった人もいます。
こういう香りのワインもありますね。

・放線菌(ほうせんきん)、 好気性の菌のみです。この匂いがいわゆる土のにおいです。春先の野山、雨上りのむせ返るような土の匂いといったらお分かり頂けるでしょうか。
通常はこの匂いを一番強く感じます。

・バクテリア 好気性菌も嫌気性菌もいます。食べ物のでんぷん、糖を分解してくれます。これらは酪酸の臭いを出します。落下した銀杏を踏みつぶした臭いです。当然いやなにおいに属します。
微量であればほとんど感じることはないと思います。ただしでんぷんを多く含んだ食べ物やタンパク質を多く含んだものを多量にいれたり、水分過多な状態だと嫌なにおいが強くなるようになります。

タバコの臭いが嫌いな人も多い


0 件のコメント:

コメントを投稿