2014年4月25日金曜日

環境省平成24年一般廃棄物処理実態調査

大変堅苦しいタイトルで恐縮です。
毎年この頃、「全国の自治体で処理するごみがどうなっているのか?」
という調査結果を環境省がホームページで公表しています。
http://www.env.go.jp/recycle/waste_tech/ippan/index.html

県別、市町村別にデータがダウンロードできて、
見てみるとなかなか興味深いものがあります。

県民1人・1日のごみが少ない県
1位 熊本県 845g
2位 沖縄県 853g
3位 長野県 862g  長野県3位にランクインしてます!!

逆に多い県は、
1位 福島県 (たぶん震災の影響で増えたのだと・・・・・)
2位 青森県 
3位 群馬県 
分別の面倒くさがり屋さんが多いのかな。

ごみリサイクル率でみてみると、
1位 三重県
2位 山口県
3位 岡山県
ごみの量はそこそこあるけど、ちゃんとリサイクルしてるよ、
ということなんでしょうか。
長野県は7位に入ってます!!

ワーストでは、
1位 大阪府
2位 京都府
3位 奈良県
と、なぜか関西の中核都市が並んでいます。

では、最終の処分量はどうなんでしょうか。
処分場とかに埋めている量です。
これは県民1人当り、少ない順。

1位 埼玉県 (東京に近いのにすごいですね)
2位 高知県
3位 沖縄県

長野県は12位です。

多い順では、
1位 北海道(土地が広いからなのでしょうか)
2位 青森県(ごみの量も多い・・・)
3位 大阪府(リサイクル率が低い・・・)

ここ数年は、震災の影響が統計に色濃く表れていて、
チョッと複雑な気持ちになります。


長野市内で












 


0 件のコメント:

コメントを投稿