2014年2月28日金曜日

長野って雪慣れてるんじゃないの?

2月中旬の大雪は各地で大きな被害をもたらしました。
長野県内でも農業ハウスの倒壊など各方面で被害がありました。
弊社の兄弟会社である株式会社信州サラダガーデンでも
温室が1棟完全倒壊してしまいました。

東京方面の方は「長野って雪に慣れてるんじゃないの?」と
思っているかもしれませんが、
南部(飯田市)、中部(松本市)の東部(佐久市、上田市)平地は元々雪は少なく、
北部の小谷、白馬、大町、飯山、方面以外は少ないです。

最近は本店のある県北の長野市街地でも雪が降り積もっていることは
意外と少ないのです。

もちろん車はスタッドレスに替えていますが、
除雪作業が間に合わないと交通マヒになります。
また、雪が道路の路肩に集まっているので、
車線が狭くなり、渋滞になります。

この前も会社の駐車場も雪で入れず、
除雪に10時過ぎまでかかってしまいました(^^ゞ

当日の複数のイベントもすべて中止となりました。
また、企画しますのでぜひ来てください!

大雪がまだ残ってます

松本市の郊外で






2014年2月26日水曜日

乾燥型の生ごみ処理機レポート(番外編2)

この前(2/6)、リンゴ2個を乾燥型の生ごみ処理機に
投入したレポートを書きました。
http://everyday-zerobox.blogspot.jp/2014/02/blog-post_6.html

処理後の重さを量ろうと思ったけど、
ネバついて、取りだせなかったので(^^ゞ
実は・・・、自棄でもう一回、都合3回処理をかけてしまいました。

砂糖が焦げたような匂い、そうだ「綿あめ」の懐かしい匂いが
でて来て終了。

まだ、べたついていましたが、何とか取りだしました(^^ゞ
写真は汚くみえますが、
実物は茶色い干しリンゴといった風情。
ヤギのフンではありません
重さは148g
重さは148gに。元々780gだったので1/5以下に減りました。
使った電気は3.09khwでした。
(@¥23とすると¥70位ですね)

糖分の多いものを単独でたくさん入れるのは厳禁です!

2014年2月24日月曜日

上手に使うには

バイオ式生ごみ処理機は重要な要素がいくつか、
(少ししかない?)あります。

一つは攪拌(かくはん)です。
定期的かき回して、ごみとバイオ材を混ぜたり、
バイオ材の中に空気を送り込みます。
堆肥で言う切り返しです。
これが滞ると臭いの元になったりします。
バイオ材が増えてきて「上」の線を超えたら必ず!!
取りだしてください。
もう少しでラインに届きますね。
増えたまま使い続けると、攪拌のモーターに大きい負荷がかかり故障の原因になります。
バイオ材に空気が入らないので、臭いの原因になります。

下と上の間でお使いください。


2014年2月19日水曜日

オリンピックと信州

冬期オリンピックで長野県出身者が活躍しています。
応援してます!

信州はウインタースポーツが盛んだから当然ですね。
長野市内からでもチョッと車で行けばゲレンデです。
東京の方の様に「気合いを入れて」いくことはあまりなく、
「明日、行く?」と言った感じで、大変身近ではあります。
私はあまり上手でないですが(^^ゞ

オリンピックの影響か、最近人が多くなったように感じます。
ぜひ、もっと信州のゲレンデにおいでください!

白馬村役場の垂れ幕

長野市内のマンホール





2014年2月17日月曜日

大雪による配送遅延のご案内

週末の大雪のため配送に遅延が生じております。
とくに北陸、甲信、山梨、東北太平洋側で
大幅な遅れが予想されます。
お客様にはご迷惑をおかけし、お詫び申し上げます。

最近あまり大雪が降らない長野市内で、
会社&自宅の雪かきに追われています。
通勤も大渋滞・・。
へとへとです。

玄関が埋まるっ・・・

ゼロボックスも埋まる(^^ゞ



お試しかっ!!

生ごみ処理機と言われてどんな物を頭に浮かべますか?
ピンとこない方も多いですよね。

バイオ式だの乾燥式だの言われても、
使ったことないし、
知人で知ってる人がいなければわからないですよね。

というわけで、「モニターで使ってみて!」という企画をやってます。
http://www.zerobox.jp/monitor/form.html


ご感想です。
岐阜県のM様です。
○応募のきかっけは?
 ―都会にすんでいる子供に良いと思ったから。

○良かった、予想と違ってていたことは?
 ―匂いがほとんどないこと。分別して入れるのがちょっと面倒。

なるほど、生ごみの分別に慣れるのがチョッと時間かかるようです。
でも、概ねご満足いただいております。


設置したところ
隣に雨水タンク(たぶん)が見えます。
エコなお宅ですネ。

中身を取り出していただきました。

中身をふるって。
アップで。ちょっとダマになった(^^ゞようです


気になっている方、ぜひご連絡を!







2014年2月13日木曜日

残さず食べるっエコ

この仕事をやってからいろいろ生ごみに関して
気が付くことも多くなりましたよ。
食べ残しても、
いままではあんまり考えたこともありませんでした。

さて、
先日、食べ忘れのりんごをゴメンナサイしてしまいましたが、
忘れられなかったリンゴは昨年末、
ぎりぎりのタイミングで救出しました。

生で食べるには、チョッと という感じだったので、
ジャムにしてみました。
紅玉でなく、甘みの多いフジでどうかなと思いましたが、
結構よい仕上がりになりましたヨ。

ビンに密閉したので、後日いただきま~す!
なんか、こういうのは気持ちいいですね。

完成!




2014年2月10日月曜日

生ごみ処理機サポートセンター

バイオ式の生ごみ処理機を初めて使う方には
分からない事が多いですよね。
どんな状態が【良い】状態なのかもピンときませんし、
どう対処していいかもわかりにくいと思います。

ゼロボックスの電話サポートセンターを設けておりますので、
ぜひご利用ください。

電話フリーコール:0800-123-5380
月~金 9:00~17:30(祝日を除く)

明け方の長野市内

2014年2月6日木曜日

もったいない・・・(乾燥式生ごみ処理機使用レポート:番外編)

昨年12月にいただいたリンゴをすっかり忘れてました!
冷蔵庫の奥にいれたままになって、ビールの陰で
気がつきませんでした・・。
見た目以上にトホホな状態なもので・・。
上段のビールの陰で見えなかった
使えるゼロボックスがなかったので、
測定がてら、乾燥型の生ごみ処理機に入れちゃいました。
ゴメンナサイ<m(__)m>

久しぶりに出動!
すみません、そのまま入れました(^^ゞ

入れてみて気がつきました。
食べられなくなった食べものをごみ箱に入れるより
生ごみ処理機に入れた方が、
なぜか良心の呵責が少ないような気がする。
なんでですかね。
焼却場に直行よりも、「ましな」気がするんでしょうか。

やはり、美味しいうちにきちんと食べないといけないです。

測定結果は以下の通り。
重量:870g。
時間:8:30~11:30たぶん頃に終了。
電気量:1.79KWH
1.79kwh
焼きリンゴの香り?を期待していたんですが、
こげた香ばしい匂いしかありませんでした。
昼前には静かに終わっていました。
ただ。中を開けてみると・・・。

結構べちゃべちゃな感じで、乾燥が十分ではないですね。
そこで、もう一回、スイッチを入れました。

1時過ぎにははやくも終了。

うーん、あんまり変わらないですね。
容器の壁面に硬くくっつきかけてます。
あ~、よけいな事をしてしまった(^^ゞ

2回合わせた電気量は、2.44KWHでした。
投入量1KgあたりのKWHは、2.8KWH。

(結論)
糖分の多いものを入れると、べたべたになりますので、
入れない方がいいでしょう。



2014年2月3日月曜日

省電力になったのはいいが

「ゼロボックスは省電力でエコマーク認定!」
じゃなくて、
コピー機のお話です。

最近は複合機と言うんですね。
久々に新しい機種に入替りました。

いろいろ使いやすくなって良いことづくめなんです。

でも、一つだけ、前より??と思うことがあります。

きっと待機時の電力消費をぐーっと抑えているせいか、
パソコンで「印刷」をクリックしてから「紙が出てくる」時間が遅い!
30秒くらいかかる。
前の古い機械にも節電モードあったが、ずっと遅いぞ!

節電スイッチ押さなければ良いんでしょうが、
それもね・・・・。

と言うわけで、日々ちょっと「イラッ」としております(^^ゞ


節電ボタン点灯中!